スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の食卓を見ました!

ちょっと前になりますが、未来の食卓という映画を見ました。

映画『未来の食卓』

ブドウなどの農家の多いフランスの小さな町で、農薬が病気になる人が増えたり、環境が汚染されて生態系が壊れることから、ある小学校で給食をオーガニックにするというドキュメンタリー。

食材が変わることにより、冷凍食品やレディーミール(オーブンでチンするだけのご飯)などが使えなくなり、給食の調理師さんたちのお料理が代わりました。

校庭の一角でお野菜を育てることにより、植物、食物、また虫や天気、環境について子供たちが学ぶことになりました。

学校の変化により、保護者の考え方も徐々に変わり、村が変わっていきました。

この小さな村で起きた、レボリューション。
この革命は世界中に広がるべき事柄だと思います。

私もイギリスにいることは、庭で有機野菜を育て、余った野菜はチャツネやピクルスなど保存食にして生活をしていました。
家で使うものも全てオーガニックか自然派、または手作りのもの。
今の生活からは程遠いものです。

集合住宅の5階では土が遠く、足が地についていない、なんとも落ち着かない毎日です。
家の中には電化製品がたくさんで、頭がビリビリします。
夜も寝ていても脳みそが忙しいのか、寝た気がしません。電磁波のせいかしら?
不自然な生活を実感!

今、私がホメオパシーの講座などでお世話になっているほっと村では、北区の小学校でオーガニック給食を提供することを願って活動をしています。
なぜかというと、北区の給食で出たお野菜のカスは、群馬に送られコンポストに変わり、有機農家で使われているのです。そこで作られたお野菜をほっと村では販売しているのに、給食から給食への循環があってもいいのでは?という考え。
そして、その農家との交流に私も田植えの時に参加しました→こちら

皆さんも、是非この映画を見てください!
DVDもあります。
未来の食卓 [DVD]未来の食卓 [DVD]
(2010/03/05)
バルジャック村のみなさん

商品詳細を見る


今月はガイアシンフォニーを見たいと思っています。
渡英前はいつも見ていた映画ですが、かれこれ8年くらい間が空いています・・・
今回はアンドルー・ワイル氏など自然治癒に関する内容だそうです。
人はなぜ治るのか―現代医学と代替医学にみる治癒と健康のメカニズム人はなぜ治るのか―現代医学と代替医学にみる治癒と健康のメカニズム
(1993/11)
アンドルー・ワイル

商品詳細を見る




スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私も観ました!

オーガニックがだいぶ浸透してきていますが、ヨーロッパに比べるとまだまだですよね。
もっと身近に手軽に手に取ることができると良いのになと思います。
給食がオーガニックになるよう活動されているとのこと、本当に素敵だと思います!
循環型社会が実現することを願っています☆
それと余談ですがこのDVDの中で出てくるジェラートがネットショップビオクルで販売しているようですよ♪
プロフィール

Author:おひさまのはな
東京を中心にホメオパスとして活動しています。
I practice Homeopathy in Tokyo, Japan.

講座・イベントのお知らせ
東北支援ハンドリフレ&ホメオパシーサロン 
日時:2012年11月23-24日
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ご訪問ありがとう♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。