スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトムシ王国でのヒーリング

5日から10日まで、那須に行っていました。
毎日のんびりと、犬の散歩をして、お庭にあるお気に入りのクヌギの木に寄りかかって本を読んだり、落ち葉の上にマットを引いて雑木林でヨガとメディテーションという毎日を送りました。

私のホメオパシーの師匠でもあるイギリスのロビン先生は、オーク・セラピーと名づけた、彼独特の治療法をクライアントや私たち学生に薦めていました。

ロビン先生の本↓
化学薬品を使わない・安全で身体に優しい ホメオパシー治療薬 (GAIA BOOKS)化学薬品を使わない・安全で身体に優しい ホメオパシー治療薬 (GAIA BOOKS)
(1997/06)
ロビン ヘイフィールド

商品詳細を見る

それはいたって簡単。
オークの木(ドングリの木)の下で、背骨を木の幹に沿わせ、最低15分座っているというもの。
できれば古くて大きい物が良いそう。
日本だったら桜もよさそう!

木が大量のエネルギーを大地から吸い上げるときに、私たちの体も便乗させてもらい、大地のエネルギーをお尻から頭頂まで通してもらい、体と心のバランス(ヴァイタル・フォース)を整え、自然治癒力を高めることができるのだそう。

私も、この簡単な方法が大好き。
心が穏やかになり、視界も晴れ晴れ、スッキリします。
フラフラしていたヨガのポーズも、大地に根ざし、天高く引き上げられるような、安定感のあるポーズに変わります。

私が小さなとき、エレクトーンの先生(今では音楽療法で大活躍)が「朝、誰よりも早起きをして、静かな森で大きな木を抱き、耳を幹につけると、木が大地から水を引き上げ、呼吸をしている音が聞こえるんだよ。」と教えてくれたことがありました。
今でも木にしがみつくのが大好き。
ホメオパシーに興味を持つ種を蒔いたのはこの頃、エレクトーン以上に楽しみにしていた先生との会話だったのかも知れない。

クヌギの木といえばカブトムシ。
小さなときは寝る前に蜂蜜をこのクヌギの木に塗って、早起きをして見に行ったものでした。

1日が終わりに近づくころ、外はなにやら騒がしくなり、窓ガラスにはたくさんのお客さんが現れる。
そのほとんどが、カブトムシとクワガタ。
黒っぽい虫に混じって、鮮やかな緑色のカマキリやバッタも登場する。

カブトムシやクワガタは、昼間庭仕事をしていると良く見つけるし、時々家の前をうろついてたりもする。
お知りが重そうに、縦になって跳んでいる姿はとてもカワイイ
都会の子供たちが見たらキット大興奮に違いない!
そして、うちの犬たちも興味深々で近づいていました。ロータスとカブトムシ

ルンとクワガタ

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村

テーマ : エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

ガイア シンフォニーを見てきました!

恵比寿にある東京写真美術館で地球交響曲第7番を見てきました。

映画を見る前に友達と待ち合わせして、彼女が癒しフェアでもらったチケットに便乗し、広尾のリフレクソロジーの無料体験に行きました。
台湾で足裏はやったことがあったけど、リフレクソロジーは実は始めての経験でした。
台湾のように痛くは無く、すべるような、なでるような手技で、時々コリコリと音が聞こえそうな感覚があり、痛かったところは胃の辺りだそう。
そういえば最近、暑くって、外出も多いからきちんとした食生活をしていなかったなーと反省。
自分でグリグリやるのとは違い、人にやってもらうというのは至福の時でございます
いろいろ施術してくれたお姉さんに聞いてみたいことがありましたが、無言でまったり・・・

その後、楽しみにしていた自然食ランチ・・・でしたが、お盆休みで、お目当ての2店ともお休みでした
場所はとりあえずわかったので、また次回。

いよいよ、本日のメイン・イベントが始まります
今回は自然治癒力を世界に広めた先駆者とも言えるアンドルー・ワイル博士が出演しています。

映画は、美しい青い地球の映像から始まり、日本のシャーマニズムとも言える神道を軸に話が進んでいきます。
大地、木、水、火、石、全てのものに宿る神々を崇拝し、自然と共に生きてきた私たちのご先祖たち。
今、私たちの生活は、この太古の昔から培われてきた営みからだんだんと離れてきています。
今回の映画に出ていたグレッグ・レモンとアンドルー・ワイル博士は、2人とも、日本人以上に日本を理解していたように思い、少し恥ずかしさを感じました。

高野孝子
さんは、ご自身で世界中を駆け回り、環境や自然を体験され、子供にそれを伝えようとご活躍されています。また、映画では、昔からの営みを体験するために田んぼを始めましたと紹介されていました。

子供たちが自然から誰に教えられるわけでもなく、体験し、学び、そして叡智を深めることは私も常々大切だと感じています。
私の教科書でもあるセンス・オブ・ワンダーからもとてもよくわかります
センス・オブ・ワンダーセンス・オブ・ワンダー
(1996/07)
レイチェル・L. カーソン

商品詳細を見る


2人目のグレッグ・レモンさんは、ツール・ド・フランスの優勝者であるサイクリスト。
猟銃に撃たれ、重症になりながらも復活。
そして、何代も続く日本の伝統の素晴らしさ、日本の自然感などについて語っていました。
未だ鉛の玉が体に残りながらも、健康で楽しく生きるための知恵を彼はもって、実践し手いるようです。
「幸せは外から与えられるものではなく、自分自身から湧き出てくる」という話が印象的でした。

3人目は、アンドルー・ワイル博士。
ホメオパシーを含む自然療法に関する著書もたくさんあります。
人はなぜ治るのか―現代医学と代替医学にみる治癒と健康のメカニズム人はなぜ治るのか―現代医学と代替医学にみる治癒と健康のメカニズム
(1993/11)
アンドルー・ワイル

商品詳細を見る

癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか (角川文庫ソフィア)癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか (角川文庫ソフィア)
(1998/07)
アンドルー ワイル

商品詳細を見る


自然治癒力や人間のパワーの話がもっとあるかと思ったけれど、それよりも彼の「自然治癒力」を生かした治療と考え方にいたるまでの経緯や暮らしが描かれていました。
それは、自然の中で、自然に寄り添い、自己のパワーを高めるように思えました。

興味深いコメントは、「植物の治癒の力は押す力と引く力があり、体がそれを判断し、その症状にあった治癒の方法を取る。西洋医学の薬では単一の物質を使っているために、押す力だけが働く」というもの。ワイル博士はこの理論から、治療には生薬を使うそうです。
ホメオパシーの考え方とそっくり!

心地よく生きること、瞑想または集中すること、自然を敬うこと。


都会の雑踏の中を歩き、机に向かって何時間も電磁波を浴び、地面に足の着かないような空中に居を構え、電気製品の雑音の中で暮らしている私たち。
静かに自分の時間をもち、見つめたりすることは意識をしないとなかなかできません。

これから自分がどのように生きていくか、私も考えるときに来ているようです。
何を手放し、何を守り、何を得るか。
それによって、幸せのありかたが決まるのかも知れません。

20日まで恵比寿にて上映しているので、お時間のある方お勧めですよ!

毎回、地球交響曲を見て思うこと。
ノートをとりながら、もう一度見たい・・・

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

虐待・・・なぜ?

毎日のように耳にする、ネグレクト児童虐待という言葉。
心がギューッと痛くなります

お母さんたちは何かに追い詰められるのか?
独身時代や子供が生まれる前の自由が子供によって束縛される欲求不満なのか?
家にこもって育児のみの毎日に孤独を覚えるからなのか?

いろいろな理由が人それぞれあるのだと思う。

子供をほったらかしにしたり、暴力を振るってしまう前に、
または、
してしまったことに気づき、エスカレートする前に、
何らかの形でSOSを送って欲しい
と思う。
近くのママ友でも、人生経験のあるご両親や祖父母、また近所のおばちゃんでも、きっと力になってくれるはず。
知っている人に話ずらいということであれば、市や区にも相談所があるはずです。
1人で悩まないで!

子供虐待防止 オレンジリボン運動というのもあります。
みんなでオレンジリボンつけて、子供の成長と、お母さんたちの心を見守りましょう!
このホームページでは、全国の相談所の連絡先一覧もありますが、総合窓口も紹介されています。
ここは、当事者だけでなく、周りの人が「おかしいな?」と思ったときにも連絡できますので、ぜひ覚えておいてください。

子供でも、東京こどもネットに自分で「こんなことされて困ってます」と電話することもできます。
でも、子供は自分を面倒見てくれる唯一の大人を信じています。
そんな大人を裏切るようなことはできないと思うのもよくあること。
誰だって自分の親が警察や保健所の人に連れて行かれたくはありません!

カウンセラーやホメオパスに会うこともお勧めです。

ホメオパシー
で私たちにできることは、虐待となる原因となった状況を見つめなおし、それをきちんと解決することを目的としながら、現在の心や精神的な問題、身体的症状についてお話を伺い、それぞれにあったレメディーを選び健康な状態へ導くこと

原因とは、
子供のときに得たトラウマの場合もあるし、
産後ウツのような状況の変化に心がついていっていないこともある。
原因は人それぞれ、何万通りもあるはずです。
だから、ホメオパシーでは何千種類もあるレメディーからあなたにあったものを選ぶのです。

ホメオパシーは病気を治療したり、病名を判断したりする医療行為とは異なります。
自然の力を借りて、優しく、無理のない形で、心と体のバランスをうまく整えていきます。

虐待をしているほうも、されているほうも、幸せな気持ちではないはずです。
結果的に、するほう、されるほうだけでなく、ご家族の皆さん、周りの人も悲しい思いにさせてしまいます。

幸せに、元気に、愛のある生活をしましょ!
私にできることがあれば、最善を尽くして、あなたとあなたのご家族を守ってあげたいと思うのです。

核家族化も進み、近所との付き合いも無くなった都会生活では孤独になりがち。
育児に1人で悩んでいる人は、ぜひ、外に出て仲間を作ってください。
きっと同じようなことでみんな悩んできているはずです。
1人じゃないから。
北区にお住まいの方は
ほっと村(ここでは私のホメオパシー講座もやっています)
育ち愛ほっと館
でんでん子供応援隊
などがあります。

そのほか、児童館や、いろいろな所がネットで探せばお近くに何かしらあるはずですよ!

にほんブログ村 健康ブログ ホメオパシーへ
にほんブログ村

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

にしすがもアート夏祭り'10に行って来ました!

いつもお世話になっている月の砂漠のオーナーさんに誘われて、彼女が参加している団体にしすがも創造舎にしすがもアート夏祭り'10にいってきました。
同行してくれたのは、おなじみほっと村の仲間とアーティストの星人玉和さん。
暑い中皆さん、ご苦労様でした。

ここは、豊島区で廃校になった中学校を使って、子供のためのアート・ワークショップや、畑などをやり、コミュニティーと親子との出会い、そして体験の場を提供しています。
素晴らしいところです!

校門をくぐると左手に畑があります。
みんなで校庭を掘り返して、土を入れ、有機栽培で野菜を育てています。
赤や黄色、色とりどりのトマトがたわわに実っていました。
そのほかにも、ナス、インゲン、バジル、ジャガイモ、サツマイモなど、決して広いとはいえない範囲にたくさんのお野菜が上手に栽培されていて、その畑の奥には、これまたみんなで作ったクレイ・オーブンがあり、ピザを焼きながら販売が行われていました。
このオーブンのドーム部分は子供たちの使っていたコップの破片で装飾されていて、それぞれの思い出の詰まったオーブンです!

校庭には芝生が引かれ、ワークショップで作られたという木の小屋が素敵に配置されています。
その奥では、藍染のTシャツ、味噌、有機野菜、お茶などエコな販売が、竹でできたガジーボの下で売られていました。

校舎の中も興味深く、ワークショップで内装を仕上げたカフェがあり、昔懐かしい図工室のいすが並べてありました。
インフォメーションのお部屋、子供が遊べるお部屋などがあり、家庭科室ではピザ販売の準備が行われていました。

北区で廃校になった学校はいったい何に使われるんだろう?
家から徒歩5分圏内には2校も廃校になった学校があります(1つはブタがいた教室で使われた学校)。

イギリス人のガーデナーが家の周りの使われていない学校を見て、「あの空いている大きな敷地で野菜を子供たちと作りたい」と私に言ったことがあります。
そのときは区長にお手紙でも書いてみようか?と思ったりしたけど、無理だよねーと思ってあきらめていましたが、できないことは無かったのかも知れません。

私がイギリスでお手伝いしていた小学校にも畑を作ったし、昨日紹介した映画でもやっていたし、子供のためにも農業体験は食育にもつながり良いことだと思います。

そして、学校は新しく作らずしても、音楽のできる部屋、工作や美術のできる部屋、お料理やお裁縫のできる部屋などいろいろ地域の人に役立ちそうなお部屋がそろっています。
何とかコミュニティー作りに利用していけたら良いなーと思うのであります!

そして、私の野望としては、こういったエコ、ロハス系イベントでホメオパシーのスタンドを持つこと!
いつかこの夢が叶いますように。

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
(2009/04/10)
妻夫木聡原田美枝子

商品詳細を見る

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

未来の食卓を見ました!

ちょっと前になりますが、未来の食卓という映画を見ました。

映画『未来の食卓』

ブドウなどの農家の多いフランスの小さな町で、農薬が病気になる人が増えたり、環境が汚染されて生態系が壊れることから、ある小学校で給食をオーガニックにするというドキュメンタリー。

食材が変わることにより、冷凍食品やレディーミール(オーブンでチンするだけのご飯)などが使えなくなり、給食の調理師さんたちのお料理が代わりました。

校庭の一角でお野菜を育てることにより、植物、食物、また虫や天気、環境について子供たちが学ぶことになりました。

学校の変化により、保護者の考え方も徐々に変わり、村が変わっていきました。

この小さな村で起きた、レボリューション。
この革命は世界中に広がるべき事柄だと思います。

私もイギリスにいることは、庭で有機野菜を育て、余った野菜はチャツネやピクルスなど保存食にして生活をしていました。
家で使うものも全てオーガニックか自然派、または手作りのもの。
今の生活からは程遠いものです。

集合住宅の5階では土が遠く、足が地についていない、なんとも落ち着かない毎日です。
家の中には電化製品がたくさんで、頭がビリビリします。
夜も寝ていても脳みそが忙しいのか、寝た気がしません。電磁波のせいかしら?
不自然な生活を実感!

今、私がホメオパシーの講座などでお世話になっているほっと村では、北区の小学校でオーガニック給食を提供することを願って活動をしています。
なぜかというと、北区の給食で出たお野菜のカスは、群馬に送られコンポストに変わり、有機農家で使われているのです。そこで作られたお野菜をほっと村では販売しているのに、給食から給食への循環があってもいいのでは?という考え。
そして、その農家との交流に私も田植えの時に参加しました→こちら

皆さんも、是非この映画を見てください!
DVDもあります。
未来の食卓 [DVD]未来の食卓 [DVD]
(2010/03/05)
バルジャック村のみなさん

商品詳細を見る


今月はガイアシンフォニーを見たいと思っています。
渡英前はいつも見ていた映画ですが、かれこれ8年くらい間が空いています・・・
今回はアンドルー・ワイル氏など自然治癒に関する内容だそうです。
人はなぜ治るのか―現代医学と代替医学にみる治癒と健康のメカニズム人はなぜ治るのか―現代医学と代替医学にみる治癒と健康のメカニズム
(1993/11)
アンドルー・ワイル

商品詳細を見る




テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

プロフィール

おひさまのはな

Author:おひさまのはな
東京を中心にホメオパスとして活動しています。
I practice Homeopathy in Tokyo, Japan.

講座・イベントのお知らせ
東北支援ハンドリフレ&ホメオパシーサロン 
日時:2012年11月23-24日
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご訪問ありがとう♪
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。